黒の歴史:つばき

今回のお題は同人活動遍歴

ということでお察しの通り私はお絵描きオタクです
小さい頃から絵は好きでした
よく動物描いてた

 

同人活動への目覚めは多分中学生くらいによく行ってた地元文具店にある交流ノート
寄ったら好きなキャラ描いてました
コメントついてたりすると嬉しかったなぁ

 

ちなみに多感であろう時期は某庭球王子とか○遊記とか伯爵カ○ンシリーズ等で育ちました

 

交流ノートって今はよくゲーセンの音ゲーコーナーとかに置いてあるイメージです
あると描きたくなりますよね

 

その後友達とケータイ向けのサイトを作って活動しました
昔の同人サイト文化が大好きなのでもちろんキリ番システムとか拍手とかあった

 

当時はアナログ絵描きだったんで水彩色鉛筆にはまってました
活動ジャンルはよろずでしたね
プレイしたゲームとか読んだ漫画とかのイラストをごった煮で置いてる倉庫と化していた
もしかしてよろずって今言わない?
懐かしさにころされる

 

ペンタブを手に入れてからはインターネッツお絵描きマンになりました
手書きブログとか絵チャとか楽しかったなぁ
また流行んないかな手ブロ
ちょうど好きだったサイトの管理人たちがTwitterとかpixivとかアカウント作ってみた頃だったから私も作った
Twitterは神との距離が近いことにびびりますよね

 

この頃が一番同人してましたね
ちなみに私が漫画描き出したのは大学時代〜です
それまでずっとイラストばっかりだったからコマ割りがなんかセンスない

 

だからかどうかは知りませんが本出したりは数えるくらいしかないです
ジャンルはゲーム作品が多かったな
最終幻想とか悪魔泣とか
F/Zも出した記憶あります
一番最近出したのは果実のバイク乗りのやつ

 

今思えばなぜ描いた?みたいなネタが多かったです
推しがレッサーパンダに似てたこともあったのでひたすらレッサーパンダの本とか描きました
あとは隙あらばプロポーズする本とか
描いてる時はくそ真面目なんですけど
おかしいな

 

私は絵が好きで同人活動し始めたわかりやすいオタクですが、あねもねはどうなんでしょうか?

 

いま全然同人活動やってないからやる気スイッチを入れて今回は終いにします

 

2018.02.03 つばき